Idiotproof

Antlr 環境構築

今回使用するツール

リポジトリー

サンプルの全ソースコード
https://minebreaker_tf@bitbucket.org/minebreaker_tf/antlrtest.git

IntelliJにAntlrプラグインをインストール

ANTLR v4 grammar pluginを使う。

プレビュー機能が便利で、エディターからルールを右クリック->"Test rule hoge"を選択すると、 プレビューウィンドウでその規則を試すことが出来る。

ソースコードの自動生成も可能だが、今回はGradleから実行するので利用しない。

Gradle

IntelliJで普通にGradleプロジェクトを作成する。

build.gradleにAntlrプラグインを追加して、依存にantlr "org.antlr:antlr4:${バージョン}"を追加する。

apply plugin: 'antlr'

dependencies {
    antlr 'org.antlr:antlr4:4.6'
}

文法ファイルはsrc/main/antlr以下に保存する。 ビルドを実行すると、build/generated-src/antlr/mainにレクサーとパーサーが出力される。
パッケージ構造もそのまま反映されるので、出力したいパッケージと同じ階層にg4ファイルを保存しておくと、 IDEのサポートが受けられる(当初これに気付かず、JavaのソースにFQCNを指定していた...)。

文法ファイル
Javaでの実装